20日 9月 2021
コロナの話題でとその関連づけのテーマで長い間、このプログを書き連ねてきました。そろそろ、本業の調達に関連付けた内容にします。...
14日 9月 2021
総裁選の3名の候補者が出馬表明をされ、今回は各派閥が若手とそれ以外で投票する候補が割れそうな気配で、前回とはまた違った様相です。それとメディアの露出度も多い気がします。高市さんの日本初の女性首相も頑張ってほしい気がします。日本の首相もまた他の海外の首相でも、最近はTwitter...
07日 9月 2021
政治の世界は、突然報道がなされて、その経緯がわからず結果だけを知ることになるパターンが多く感じます。今回も突然菅首相が、次期総裁選に出馬しないと記者会見があって、驚く羽目になりました。9月3日の午後に株価が急騰して、何かあったのかな?が、この件でした。  菅首相のたった1年の任期ではありましたが、1....
31日 8月 2021
アフガンの政変によるイスラム過激派への影響が実に心配です。インドネシアに駐在中の2009年に起きたジャカルタでのテロ事件は、記憶に新しいところです。あの事件の起こった外資系ホテルは、定宿にしているサプライヤーさんもいて、当人は被害に合わなかったものの、知り合いになったフロントの従業員の方が被害に遭ったとの、話を聞きていました。また、2002年に起こったバリ島でのテロ事件では、多くの外国人及び日本人も被害にあい、観光地として多大な影響を受けました。小職赴任時の2004年でもバリ島には、社内規定でありましたが、遊びに行くのは自粛になっていました。フィリピンでは、以前から南のミンダナオ島では、イスラム過激派の活動が活発な危険な地区です。  こうした平和なアジア地区でもイスラム教の一部過激派による活動により、一般市民の平和な生活を脅かされるのは、許し難く、各国政府また、世界的な体制により、テロを防ぎ、平和な生活を守って欲しいところです。  アフガン政変によるロシア、中国の動きや、西側諸国の動きなど政治的な動きが活発化しているようです。中国の経済情勢に関心が高まる中、外からの宗教的な新たな動きには、新たな注視が必要です。ウイグル族問題と香港の民主化そして2015年の中国ショック再来の懸念と、いろいろ火種があります。
23日 8月 2021
今朝の日経新聞の第一面の記事が「人類史 迫る初の減少」・・繁栄の方程式 問い直す、でした。世界人口は、2064年の97億人をピークに減少する、との米国ワシントン大学の予測です。また6面には特集で「人類減少 変わる社会」がありました。コロナ下で加速す人口減少と、アジア地区高齢化と人口減少が進み、2055年にピークを迎え、アジアと入れ替わりアフリカのみが人口増加し続ける、とのこと。現在の世界の人口は、約78億人で、紀元1世紀の人口が約3億人、1500年で約5億人、1800年で約10億人。ということは、たかだかここ200年で8倍近くの人口増加になっていたこと、になるわけです。  人口増加による人類発展の歴史が変わる予測ではあるのですが、地球環境からすれば環境保護の着地点が見えてきた、とも言えます。また、経済の発展の原動力ともなる、労働人口が頭打ちになるというシナリオが新たに加わり、既に労働人口が減少している国の移民政策にも到着点が見えてきたことになります。AIの進化に伴い労働環境は間違いなく変わり、人間の労働生産性を上げることへの大きなシフトが必須になってきます。これは、工場のみではなく農業も商業でも全ての産業で、変わっていくことになるのでしょう。コロナの影響もあり、人的交流の大切さなど大いに感じるところではありますが、一方では避けることができる範囲での人的交流は減っていくことになるわけです。また、環境保護の立場からすれば、人口減少は大いに良い方向にも思えますが、ロボット化のような産業の主体が変わることによって、必要な資源が変わる可能性もあります。レアアースはその良い例です。  明るい未来を誰もが期待をしていますが、何か、これからは人の密集した環境ではなく、人口密度を下げた環境で、自然と近い環境、共存できる生活環境の確立が必要かと思います。なので、田舎暮らしができるような、ロケーションを含めた仕事環境、生活費用を圧縮できる工夫、子供の教育環境の確保なども必要になりますね。
17日 8月 2021
感動のオリンピック後のコロナの影響はといえば、やっぱりか?で、ここ静岡県でも緊急事態宣言になってしまいました。少なからずと思っていた影響が大きく出て、医療現場では大変な事態となっているようです。...
09日 8月 2021
17日間の東京オリンピックは、感動と共に閉幕をしました。金メダル数は過去最高の27個になり、メダリストの皆様は本当におめでとう。またメダルを取れなくても、それぞれの入賞また、金メダルでなくて悔しい思いをされたなど、それぞれの思いに違いはありますが、間違いないのは、TV...
02日 8月 2021
東京オリンピックが開幕して、日本の金メダル数が過去最高を更新しています。柔道の快挙がこの原動力ですが、今まで日本の馴染みのなかった競技でも、活躍が目立っています。アスリートの皆様のご活躍に本当に素晴らしく、また、活躍できている日々鍛錬の努力に頭が下がる思いです。オリンピックの各競技のレベルを見ると、過去も当然そうだったと思いますが、現代の競技レベルは、既に通常の人類の枠を超えた、極みの競技と感じます。世界からのアスリートが集い、トップを争う姿に大変な感動をしています。ご活躍の裏にある日々の鍛錬は、病気や怪我を乗り越え、達成できているわけです。毎日朝、痛みで起き上がる日々の生活で、その競技を続けられるモチベーションの高さに、目標を達成するための持ちベンショーンの維持をどのように維持するのか?など。「その競技が本当に好きだから」という言葉の中にある、真の気持ちをぜひ聞いてみたいものです。  今回のオリンピックを見ていて初めて感じたことですが、これだけの競技の高いレベルでの戦いは、もっと商業的また、プロ的な発想であって然るべき、と感じてきています。オリンピック精神に反することになるとか、一方では既にプロ野球選手、プロゴルファー、プロテニスなど既にプロ選手が多く参加されていますが、参加すること・参加できるレベルには、インセンティブをしっかりと提供するべきではないか、と思うに至ったわけです。これを前提に発想の全てを変え、その放映権の問題、宣伝料の問題、競技場所の問題など。もっと各選手の宣伝媒体としての効果を前提にした、ユニホームで構わないと思いますし、競技毎に開催国を変えても構わないわけです。コロナような疾病など今後も予測されるので、一国集中するリスクを低減する方法でもある訳です。競技を細分化ことで、各国で名乗りを上げやすくなるはずですし、より競技にあった場所の選定も可能になうと思います。  オリンピックの競技のレベルは、小職のような人間には、甚だレベルが違い、同じ今日をさせていただいても、1点も取れなし、一個の技すらできない。同じ人間なのに、そのレベルは超人的と感じます。それだけアスリートの皆様は日々の努力をして体を鍛え、練習をしているわけです。プロのある競技はまだ良いのですが、無いような競技の場合、そのアスリートを支援する体制を確立する必要があります。人生をかけた戦いのオリンピックの場合には、尚更、長期にそして手厚くする必要を感じます。
26日 7月 2021
東京オリンピックがいよいよ開幕しました。開幕式で夜空に地球を描いたのがドローンだった、というので後から知りましたが...
20日 7月 2021
今朝の日経新聞で、『英「コロナ共生」へ賭け』と題して英国のコロナ規制解除の記事がありました。英国全体のコロナ新規感染者は増加傾向にあり一日5万人程度に上っています。何とも無謀な決断と感じますが、その根拠はワクチン接種の1回目が9割に進んだこと、だそうだ。結果が伴っていないのに、と感じてしまいますが、よほど経済的な緊急度や民衆の抑えられない欲求があるからなのか、でしょうか?わが国、「日の本」はと言えば、オリンピックを3日後に控え、ワクチン接収率が上がらず、会場が集中する東京の感染率が増加している状況です。もはや無観客のため期待された、飲食や宿泊施設及びインバウンドの観光業ももはや当てが外れ、日経株価も急降下です。  そんな中、でもでも日本企業は頑張っています!「日本株爆騰」を期待させる記事もありました。次世代メモリ『MRAM』普及に目処という記事です。日本企業・大学だけでなくサムソンやTSMCなど他国の半導体メーカーも開発していますが、量産化の目処が立ったとの記事でした。それとあの軽自動車のスズキが100万円代のEV車を進めるようです。中国では50万円代のEV車があるそうですが、スズキのEV自動車ですから、発表された安堵感と期待があります。それと「日本株爆騰」を期待するコロナ関連では、日本の企業の開発された治療薬が開発され選択肢が広がりそうだ、という記事です。以前ありました薬は超高額でしたが、今回の薬はいかがでしょうか?  その他、日本の首都圏のマンション販売は77%増加したとか、地方への移住が進んでいるようだとか、地方で人口が増加した、とか、コロナ後の大きなうねりが見えてきつつありますね。『人間性の回復』というありふれた言葉かもしれませんが、労働環境を改善し、豊かな自然の中に暮らしていく。カーボンフリーな社会であり、自然と共生できる人類の生活を目指す社会とも言えます。そして、そこに音楽とかの芸術や道徳の精神生活も加われば、より人間的な生活になるというものです。

さらに表示する