資材調達に関するコンサルタント及び社員様研修など

<<コンサルタント内容>>

  1. 資材調達業務の改善活動、最適購買の検討
  2. サプライヤー様の改善活動 コストダウン手法 品質向上 納期管理手法 評価
  3. 工場内改善 倉庫管理 事務所含めた5S活動の推進 在庫削減活動
  4. 新規サプライヤーの開拓、紹介 

● コンサルタントの手順の一例

1.このHPの「お問い合わせ」のページよりコンタクトをお願いします。

2.ご依頼内容により工場に訪問させて頂き、打ち合せをお願い致します。

3.当日または後日、具体的改善手法のご説明及び活動のお見積りをご提示をさせて頂きます。

また海外サプライヤー様への改善活動も可能です。

 


●  社員様研修など

社員様研修、講習は、内容を事前に検討をさせて頂き、お見積もり提出させて頂きます。まずは、このHPの「お問い合わせ」よりコンタクトをお願い致します。

<<研修会の内容>>

  1. 資材調達の基礎知識 調達部門の役割 調達部門の決裁権 CSRおよび法律知識 不正及び下請法 購買手法 購買用語
  2. 品質保証の考え方 購入品の品質確保、受け入れ検査基準 JIS,ROHS,PSEなど
  3. コスト分析手法 コストテーブルの作成 VA/VE手法
  4. サプライヤー管理 サプライヤー評価 QCD改善の取り組み 倒産対応 新規サプライヤー開拓手法
  5. 海外調達 貿易実務 インターコムズ カントリーリスク 
  6. その他



● 工場診断半日ドッグ  新企画

人間と同じ、工場にも定期的な健康診断が必要です。知らない間に、生産性が低くなっていた、

在庫置き場が不足している、不良品の在庫が溜まってしまった、

また最近、従業員の辞職が多い、もありませんか? 

半日だけ(通常3時間程度)のお時間下さい。5つの分野に分けて評価をし、診断をさせて頂きます。

【簡単な手順・方法】

1. 事前アンケートの実施 御社の工場に関する数値的なアンケートです。

 訪問前日までにご返送頂きます。 

 またこれと同時に、秘密保持契約を締結させて頂きます。御社情報を外部に漏らさない配慮です。

2.訪問日程の調整 

3.当日の時間割は、インタビュー1時間、工場訪問1.5時間、纏め0.5時間 計3時間を予定しています。

4.診断結果の最終報告書は、3日以内に提出致します。

5.診断方法 5分野に分けて評価します。

  a)全体マネージメントに関する評価

  b)従業員及びその労働環境に関する評価

  c)工場・設備等の状態の評価

  d)品質確保の評価 

  e)5S評価